スポンサード リンク

急増する国際結婚と離婚

日本でも国際結婚と離婚が増えていることは統計からもうかがえます。ただでさえ結婚以上にたいへんだといわれる離婚ですが、それが国籍の違う者同士のいわゆる国際間となるとさらに内容は難しくなります。近年は、永住権や居住ビザを取得するための手段として国際結婚が偽装的に行われるケースも増えてきているので、チェックがより厳しくなってきています。

日本のように協議だけで婚姻関係が解消できる国は国際的にも珍しいのです。日本でできた離婚が、外国籍配偶者の本国で認められるとは限らないのです。たいていの国際離婚は裁判をして婚姻解消を認めるという判決が出た後に、相手の国の公館に所定の届を提出して初めて成立するものです。宗教上、国際的な結婚および離婚に関して複雑な法律を定めている国もありますし、アメリカでしたらそれぞれの州法も絡んできます。国籍だけでなく、二人の居住地や子供のこと、理由などクリアさせなければならない項目は多岐に渡ります。

生まれながらの環境や慣習が違う中で育ってきた二人が、結婚に向けての準備段階では楽しいことも離婚となるとそうはいかないでしょう。これら一連の作業を母国語以外で表現するというのは、かなりのストレスを伴いますから、専門家にアドバイスを求めたほうが良いでしょう。時代のグローバル化は、国際結婚そして離婚という形にも表れているといえます。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。